キャッシングは住宅ローンより年利が高い場合が多い

住宅ローンの金利ランキングを見ても、キャッシングの金利と比較してみても雲泥の差があります。
住宅ローンの金利には固定や10年ローンや20年ローン等の多くのローンが存在しますが、日本国内が低金利政策なので必然的に住宅ローンの金利も低いものになります。
キャッシングの金利は元本によって変動はしますが、低い金利でも5%前後なので、ものすごく高い住宅ローンを探さない限りキャッシングは住宅ローンの金利より高い事が確実です。
審査の基準や担保があるので当然金利が低くなるのは当たり前のことで、キャッシングは無担保で保証人なしで借りられるのが長所であるので、ある程度金利が高くても仕方が無い部分は有ります。
借り易いという部分では断然キャッシングが優れており、いつでもどんな時でも借りる事が出来るという部分が特徴といえます。
住宅ローンはその名の通り住宅を購入するために組むローンで、担保もありますし団体信用生命保険に加入することで、ローンを支払うべき方が亡くなった時でも必ずローン残高を回収する計算が成り立ちます。
貸付額が多いのが住宅に対するローンですが、きちんと貸し付けたローンを回収するための方策を色んな方法で講じています。
それに対してキャッシングは無担保で尚且つ保証人なしでお金を貸す場合が多いので、必然的に貸し倒れのリスクを考えると金利を高く設定する必要があります。
審査が緩いのが魅力ですが、年利の高さを考えてキャッシングを利用しないと返済の時に困る場合も有ります。