キャッシングとカードローンの違いとは

日々の生活の中では、油断している時に限って思いがけない出費に見舞われることが少なくありません。そのような事態に備えて、もしもお金が不足するようなことがあれば適切に捻出して埋め合わせるためにも、銀行や消費者金融が提供する借り入れサービスは大きな利便性をもたらしてくれることでしょう。

このような借り入れサービスの中で最も人気の高いものとしてはキャッシングやカードローンといったものがあります。どちらも手続きが簡単で、なおかつスピーディーな融資を可能とするものですが、果たして、これらはどのような違いがあるのでしょうか。

まずキャッシングとは、ネットや電話、または店舗窓口などで申し込みが行えて、その利用審査が30分から60分程で完了。それでキャッシングの利用が認められると、その日の内に迅速に預金口座への入金が行われるというものです。最近では特にスマートフォンからの申し込みも急増しており、これを用いれば審査に必要な各種書類もカメラ機能で撮影してその画像データを送るなどの操作で事足りてしまいます。

これに対して、カードローンは一枚の個人専用カードを保持しておくことによって、もしもお金の不足が発生したならば近場のATMへと急行することで手軽に融資金を引き出せるというものです。これを利用するためにはまず、インターネットや店舗窓口、それに自動契約機などを使ってカード発行の申請を行わなければなりません。これもキャッシングと同じく、審査は30分から60分程で完了し、その後すぐに融資を受けることが可能となります。

各々の違いをよく把握した上で、自分に適した借り入れ方法で大きな利便性を手に入れたいものです。